こいしろの里 施設紹介

社会福祉法人ベテスタ「こいしろの里」では、より高い生活の質(QOL、Quality of Life)の実現のために利用者と支援者が協力しうるよう、常に創意工夫をこらして維持・管理・運営をはかっています。


オープンネス / 開放性

こいしろの里はのどかな田園風景に囲まれたおいちついたロケーションにあります。四季の移ろいを感じながら、自然溢れるあたたかな陽射しのなかで暮らす。採光・視線・色彩を変化させる開放的な居住空間で、日常にゆとりと落ち着きをつくり、利用者の快適で安定した生活をサポートしています。

利用者の一人ひとりの生活のリズムを重視しながら、それぞれの個性を尊重し、その人らしく豊かな人生を送れるように支援していきます。


地域とともに、地域の発展をめざして

福祉施設を地域住人をはじめ、一般の方たちにも広く利用していただこうと設置したものです。各種活動・集会・講演会・講習会などや、軽音楽等のコンサートなどに自由に利用できます。


デイルーム

デイルーム吹抜けによる圧迫感の無い空間で利用者同志での憩いの空間となっています。
 

食堂

天窓から入り込む日光とハイランドライトで明るく開放感のある食事スペースです。また、アウトダイニングにすぐに出られ、カフェテラスランチやバーベキューなど野外での食事も可能です。

車椅子用トイレ

車椅子用トイレ生活場面での安全性・便利さを追求したバリヤフリーを目指し、各スペース内に障害者用トイレが設けてあります。

居室

居室利用者個人の生活を重視した居住空間。半数が個室で残りも2人部屋として、プライバシーに充分配慮した設計になっています。

一般バスルーム

一般浴室大浴場と小入浴スペースがあり、各箇所に手すりがあり転倒対策なの機能も充実しています。
 
 
 

機械浴室

機械浴室歩行困難の方も、イスに座り、座位を保持できたまま浴槽に入っていただけます。

施設概要

施設名 こいしろの里
設置・経営主体 社会福祉法人ベテスタ
施設の種別 施設入所支援事業所「こいしろの里」(定員40名 短期4名)
生活介護事業所 「こいしろの里」(定員50名)
放課後等デイサービス「びーとる」(定員10名)
計画相談支援・障害児相談支援「ベテスタ相談支援センター」
定員 施設入所支援事業 男性25名 女性15名
生活介護事業 50名
短期入所サービス 男性2名 女性2名
放課後等デイサービス 10名
居室の状況 人用居室 22室 2人用居室 11室
開設年月日 2001年8月1日