就労継続支援(B型)について

就労継続支援(B型)作業所では、一般企業の就労が難しい障害をお持ちの方に働く場を提供すると共に、就労に必要な知識や能力向上のための支援を行っています。作業を通じて知識と能力の向上に必要な訓練をしていきます。作業ではもちろん個人の知識と能力が大切になりますが、時には共同で作業を大切にしなくてはいけない時もあります。

いろいろな作業や場面を経験することで、コミュニケーション・社会性・協調性など育んでいきます。常に自立に向け、目標を持って作業に取り組めるように共に成長できるようにしていきます。


【概要】

・生産活動その他の活動の機会の提供(雇用契約は結ばず)
・就労に必要な知識及び能力の向上のために必要な訓練
・その他の必要な支援

【就労継続支援 B型の利用対象者は?】

就労移行支援事業等を利用したが一般企業等の雇用に結びつかない方や、一定年齢に達している方などであって、就労の機会等を通じ、生産活動にかかる知識及び能力の向上や維持が期待される方。具体的には次のような例が挙げられます。
1 )就労経験がある方であって、年齢や体力の面で一般企業に雇用されることが困難となった方
2 )就労移行支援事業を利用(暫定支給決定での利用を含む)した結果、B型の利用が適当と判断された方
3 )上記に該当しない方であって、50歳に達している方又は障害基礎年金1級受給者
4 )上記に該当しない方であって、地域に一般就労の場やA型の事業所による雇用の場が乏しく雇用されること又は就労移行支援事業者が少なく利用することが困難と区市町村が判断した方(平成24年度までの経過措置)

【就労継続支援 B型の利用料金】

サービス利用料金(厚生労働大臣が定める額)の1割を利用者が負担します。月の利用料負担の上限額は世帯収入等によって、定められています。食費・光熱費の実費は利用者の負担となります。

料金の詳細に関しては、「こいしろの里」、または市区町村の担当部署までお尋ね下さい。