共同生活援助(グループホーム)について

グループホームこいしろは、少人数できめ細やかなサービスを提供しています。できるだけ家庭に近い生活を送れるように「温かみのある過程を目指しています。」支援員や他利用者と共に食事をしたり、時には外食をしています。

洗濯や掃除などもみんなで分担し、それぞれができることを行います。一人ひとりの尊厳を大切にし、いつまでもその人らしく暮らせるように支援していきます。

※2014年4月より共同生活介護(ケアホーム)は共同生活援助(グループホーム)へ一元化後されました。一元化された事により、共同生活援助(グループホーム)は、介護を必要とする方としない方が混在して利用することになりました。これにより当該事業所は、「介護サービス包括型」と「外部サービス利用型」のいずれかの形態を選択するようになりました。すでに入居されている方に関しては、利用事業所にて、どちらの「介護サービス」が提供されるのかを事前に確認しないと、これまでなじみの職員による介護を受けられなくなる場合もあります。また改正により、共同生活を営むというグループホームの趣旨を踏まえ、一人で暮らしたいというニーズにも応えつつ、地域における多様な住まいの場を増やしていく観点から、グループホームの新たな支援形態の一つとしてサテライト型住居の仕組みも創設されました。

【概要】

介護サービス包括型
共同生活を営む住居において、主に夜間に
・生活等に関する相談・助言
・その他の日常生活上の支援など
※介護サービス(入浴、排せつ、食事、着替え等の介護サービスなど)が必要な場合は現行の共同生活介護(ケアホーム)と同様に当該事業所の従業員が介護サービスを提供する

外部サービス利用型
共同生活を営む住居において、主に夜間に
・生活等に関する相談・助言
・その他の日常生活上の支援など
※介護サービス(入浴、排せつ、食事、着替え等の介護サービスなど)が必要な場合は当該事業所はアレンジメント(手配)のみ行い外部の居宅介護事業者等に委託し介護サービスを提供する

【共同生活援助(グループホーム)の利用対象者は?】

障害程度区分(障害支援区分)が区分1以下に該当する身体障害者(65歳未満の者又は65歳に達する日の前日までに障害福祉サービス若しくは、これに準ずるものを利用したことがある者に限る。)、知的障害者及び精神障害者。

※引き続き、放課後等デイサービスを受けなければその福祉を損なうおそれがあると認めるときは満20歳に達するまで利用することができる。

【共同生活援助(グループホーム)の利用料金】

サービス利用料金(厚生労働大臣が定める額)の1割を利用者が負担します。月の利用料負担の上限額は世帯収入等によって、定められています。食費・光熱費の実費は利用者の負担となります。

料金の詳細に関しては、「グループホームこいしろ」、または市区町村の担当部署までお尋ね下さい。

共同生活援助
共同生活援助