短期入所(ショートステイ)について

居宅において介護を行っている方が病気など、その他の理由により、介護を行うことができない場合に、障害のある方に障害者支援施設や児童福祉施設等へ短期入所を行ってもらい、入浴、排せつ及び食事その他の必要な保護・介護を行う、障害者総合支援法に基づく障害福祉サービスです。本サービスは介護者のレスパイトケアとしての役割も担っています。


【概要】

障害者支援施設や児童福祉施設などにおいて
・入浴、排せつ、食事、着替えなどの介護
・見守りや、その他短期入所において必要な支援

【短期入所(ショートステイ)の利用対象者は?】

福祉型(障害者支援施設等において実施)
1.障害程度区分(障害支援区分)が区分1以上である障害者
2.障害児の障害の程度に応じて厚生労働大臣が定める区分における区分1以上に該当する障害児

医療型(病院、診療所、介護老人保護施設において実施)
遷延性意識障害児・者、筋萎縮性側索硬化症等の運動ニューロン疾患の分類に属する疾患を有する者及び重症心身障害児・者 等

【短期入所(ショートステイ)の利用料金】

サービス利用料金(厚生労働大臣が定める額)の1割を利用者が負担します。月の利用料負担の上限額は世帯収入等によって、定められています。食費・光熱費の実費は利用者の負担となります。

料金の詳細に関しては、「こいしろの里」または市区町村の担当部署までお尋ね下さい。

短期入所(ショートステイ)