理事長挨拶

創立20周年に向けて

社会福祉法人ベテスタは、2001年8月に定員40名の入所施設として開設されました。今日までの約20年の間に3つの事業所と2つのグループホームを開設し、法人理念のもとあらゆるニーズに対応可能なように取り組んでまいりました。

また、法人の礎を築き、発展に寄与された先人の皆様、行政や地域の皆様のご支援で、今日を迎えることができました。
私は、2020年7月から運営を引き継がせていただくこととなりましたが、今後も変わることを恐れず、たくさんのご縁を大切にし、着実に歩みを進めていく法人となりますよう努めてまいりますので、変わらぬご指導、ご支援をよろしくお願い申し上げます。

社会福祉法人ベテスタ
障害者支援施設 こいしろの里
理事長 小林 孝重

施設長挨拶

2020年7月より施設長として就任させていただきました。当施設の理念である「与える福祉ではなくその人にとって必要なことをその人の自立に向けて支援する」この理念を実現させるべく、職員一丸となって引き続き取り組んでいきたいと考えております。

また、各事業の目標として、当法人の基盤である、障がい者支援施設(入所施設)では、利用者さんの高齢化による支援の見直しが必要な場面が多くなってきております。今までは支援の視点について考える機会が多かったものが支援の視点だけではなく介護の視点も持って利用者さん個々に対応する機会が多くなっているため職員のスキルアップも含め、利用者さんが安心・安全に過ごせるようにしていきたいと考えております。
在宅分野においては、放課後等デイサービス・生活介護・就労継続B型・就労移行と様々なサービスを展開しておりますが引き続き、当法人を利用してよかったと思っていただけるよう日々、精進して支援できるようにしていきたいと考えております。

利用者さん、職員が笑顔で過ごせるよう努めていきますので、今後ともご指導、ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

社会福祉法人ベテスタ
障害者支援施設 こいしろの里
施設長 伊藤 和彦